沖縄ダイビングを楽しむためのコンディションの作り方

沖縄の海やその周辺の島々で行うダイビングを指して、沖縄ダイビングといいます。沖縄ダイビングに臨むためには、まず飛行機や船といった沖縄へのアクセス手段を考える必要があり、ノープランで訪れるということは中々できません。だからこそ沖縄でダイビングをつつがなく楽しむため、事前に計画を立てる行為に意味が生まれます。

沖縄に到着し、無事ダイビングショップへとたどり着いても、ポイントに行くためにはまだ乗り物に乗らなければなりません。海岸沿いの浅瀬なら、数分ボートに揺られるくらいで直ぐにダイビングを始めることができますが、他の島や大海原にポツンと存在するポイントを目指す場合には、船での道のりはもっと長く時間を要するものになります。

海周辺の天候は変わりやすく、穏やかな時間も風が強く波が高くなれば激しいものへと変化します。ダイビングが困難になるほどの荒れではなくても、波による揺れを船は顕著にとらえるでしょう。慣れない揺れにもまれれば、危ぶまれるのは船酔いです。

はるばるやってきた沖縄でのダイビングが、船酔いでつぶれてしまうことはあってはなりません。万が一でも船に酔ってしまわないように、酔い止めを飲用し、尚且つ当日の体調が万全になるようにコンディションを整えることが求められます。睡眠不足や風邪気味といった状態でダイビングに挑むのも危険な行為に他なりませんから、体調管理も計画に組み込み行動していきましょう。